任意整理と司法書士

任意整理と司法書士

任意整理と自己破産は、よく混同されやすいのですが、前者は自己破産をするほど状況は切羽詰まってはいないものの、経済状況が覚束ないといった場合に適した債務整理方法です。
任意整理は、司法書士か弁護士のみが行える手続きです。
一般的には、裁判所などの公的機関を利用せずに、私的に貸金業者などと交渉して債務整理をすることと定義されてはいます。

理屈からいえば、和解交渉そのものは、債務者本人でできることです。

多くの場合、サラ金などの業者の言いなりになるのが現実的な線です。
たとえ費用はかかったとしても、その道のプロに一任した方が、結局は満足のいく結果になるものです。

任意整理をするなら専門家に依頼

司法書士などは、任意整理の依頼を受けると、手続きの第1段階として、債権者に対して、債務整理の依頼を受けたことを意味する「受任通知」を送付します。
すると、法律上は、借金の返済が即座に停止され、取り立ても止むことになります。

受任通知を公的に発行できるのは、司法書士か弁護士に限られています。
この伝家の宝刀よろしく、法の傘下に守られながら、クライアントは冷静さを取り戻し、今後の返済計画や生活の指針を立てていく余裕が生まれるのです。

任意整理の一連の手続きは、依頼を受けた司法書士なり弁護士が、クライアントの代わりとなって全て行い、クライアント本人が何かするということはありません。
従って、最初に誰に頼むのか選ぶことは、成功を左右する重要なカギとなります。

一部、負債総額が140万円を超えると、司法書士は、任意整理の業務に関われないといった情報が、ネットなどで散見されますが、それは事実無根のことです。
この人! と確信したら、躊躇なく利用するべきです。

実績のある司法書士事務所

実績のある司法書士事務所としては、過払請求@着手金不要の無料相談というようなサイトで司法書士などの紹介をしています。
やはりその道で実績のあるところへ頼んだほうがよいようです。

また、こちらは借金問題で実績35年のの司法書士事務所。
全国対応で24時間無料メール相談もしてくれるので、まずは相談だけでもしてはいかがでしょう。→【司法書士サナ総合法務事務所】

司法書士サナ総合法務事務所

司法書士@債務処理メニュー

司法書士@債務処理リンク

cybozu